MENU

今日から始めるコエンザイムQ10

アンチエイジングにコエンザイムQ10

アンチエイジングをお考えならコエンザイムQ10が役に立ちます。 コエンザイムは優れた抗酸化作用で加齢臭を抑制し、冷えやむくみなどの解消に効果のある物質です。 この記事ではその効果や仕組みについて分かりやすく解説していきます。

コエンザイムQ10のアンチエイジング効果

コエンザイムQ10はエネルギー生成を手助けする物質であり、適量を摂取することで人体のエネルギー量を増やすことができます。 エネルギー量の増加は持久力の向上だけでなく、血行不良を原因とする肩こりやむくみ、手足の冷えなどにも効果があります。

また、コエンザイムには抗酸化作用というもう一つの効果があります。 老化の原因ともされる活性酸素を除去することで、コエンザイムは動脈硬化やガンといった疾患の予防、加齢臭の抑制に役立ちます。

アンチエイジングの仕組み

先述の通り、コエンザイムQ10は体内のミトコンドリア

内でエネルギーの生成を手助けする物質です。

具体的には細胞内のATP(=アデノシン三リン酸)という基礎エネルギーの生成をサポートしており、人間の身体は体内にコエンザイムが豊富にあることで充分なエネルギーを生み出せるようになっています。

エネルギー量の増加は疲れやすさの解消や持久力の向上だけでなく、新陳代謝の向上にも繋がり、血行を改善することで冷えやむくみ、肩こりなどを改善してくれます。

また、コエンザイムには活性酸素を除去する抗酸化作用という効果があります。 活性酸素とはストレスや睡眠不足などが原因で生み出される物質で、健康な細胞を傷つけ、酸化させることで細胞の機能を低下させる効果があります。

厚生労働省のe-ヘルスネットによれば、この活性酸素が老化やガン、動脈硬化といった様々な疾患の原因になるとされています。 コエンザイムの持つ抗酸化作用とは活性酸素が細胞を傷つける前に分解し、除去することで細胞を守るというものです。

また、近年の研究によれば、コエンザイムの抗酸化作用には「ノネナール」という加齢臭の原因となる物質の放出を抑える効果があることも判明しています。 その効果についてはいまだ、研究途上ではありますが、65歳以上の女性20名を対象とした調査では2割~3割の減少効果があったと報告されています。

まとめ

コエンザイムQ10は優れた抗酸化作用やエネルギー生成量増加によって、持久力向上や加齢臭の抑制などに効果があります。 一日の摂取量は30ミリグラムを目処に食後に使用してください。

また、現在、他の薬を服用されている方は必ず、医師と相談してから使用するようにしましょう。

【参考文献】
アンチエイジング効果に期待出来る
http://www.wvared.com/aging.html
コエンザイムQ10でアンチエイジング
http://www.terramat.com/aging.html