MENU

今日から始めるコエンザイムQ10

効率的なコエンザイムの摂取方法

実際にコエンザイムを摂取する際、どんな方法で取れば良いのか、悩みませんか?この記事ではコエンザイムが必要となる理由と効率的な摂取方法を解説します。 摂取するタイミングについても解説していくので、ぜひ最後までお読みください!

コエンザイムの生成量は低下する

コエンザイムQ10はエネルギーの生成を手助けしてくれる脂溶性の物質です。 生きていくために必須の物質であるため、体内でもアミノ酸の一種であるチロシンとメバロン酸という物質から生成されていますが、その生成量は加齢によって減少していきます。

具体的には20歳前後から減少し始め、40歳前後で完全な不足状態となります。 また、加齢以外にもストレスや喫煙、病気などの要因によっても低下することがあります。

コエンザイムQ10が不足すると?

コエンザイムは体内のエネルギー生成を手助けする役割を持った物質であるため、不足すると変換サイクルが上手く回らず、慢性的なエネルギー不足となります。 症状としては慢性的な疲労感に加えて、だるさ、食欲不振、むくみ、冷え、低血圧などが表れます。

コエンザイムを効率良く摂取する方法

食品を通じた摂取

食品からコエンザイムを摂取する場合、牛や豚、ブロッコリーなどコエンザイムQ10を含む食品は数多くあります。 ただし、その含有量はどの食品でも決して多いとはいえません豊富に含まれるといわれるイワシでも一日の目安量を摂取するには20匹食べる必要があります。

また、吸収効率も良いとはいえず、国立健康・栄養研究所によれば摂取したコエンザイムの60%はそのまま排泄されてしまうといわれています。

食品以外を通じた摂取

先述の通り、食品を通じたコエンザイムの摂取は大量の食品が必要となるため、効率的とはいえません。 手軽な手段としては成分を凝縮したサプリメントなどの健康食品を活用するのが良いでしょう。

薬局で販売されている商品には「酸化型」と「還元型」の二種類があります。

どちらでも得られる効果は変わりませんが、「酸化型」は体内で「還元型」へと変換される必要があり、変換するための力も加齢で低下してしまうので、効率の観点から「還元型」の商品がおすすめです。

摂取の目安量は用途によっても異なりますが、厚生労働省では一日の摂取目安量を30ミリグラムと定めています。

目安量を超えたことによる深刻な副作用や障害などは2017年10月現在で報告されていませんが、過剰摂取は避け、目安量を守ったうえでの使用を心がけるようにしましょう。 摂取するタイミングは油分の多い食事を取った後がおすすめです。

コエンザイムは脂溶性の性質であるため、空腹時よりも食後の方が吸収効率が良くなります。

まとめ

コエンザイムは生命活動に必須の物質であるため、様々な食品に含まれていますが、その含有量は決して多いとはいえず、目安量を食品のみで摂取するのは困難です。 効率的に摂取するためにはサプリメントなどの健康食品を活用するのが良いでしょう。

コエンザイムには運動能力の向上や加齢臭を抑える効果もあるため、様々な人におすすめです。

【参考文献】
コエンザイム不足と効果的な摂取方法について
http://kotori.cage.to/14.html